FC2ブログ
寒さが戻ってきます
元気よく毎日飽きもせずボールを追いかけるゴル
寒さがゆるんだ今週は冬場のちょっとした褒美のような日でした

DSC05309_convert_20180118213847.jpg


それでもまた来週から寒さがもどってくるようです

寒いからと室内からゴルの相手をする長男

DSC05310_convert_20180118213906.jpg

外に出ようともしない無精者です

DSC05313_convert_20180118213925.jpg

窓にはたくさんの結露が・・・
拭いても拭いてもきりがないです

今の新しい家は結露ができにくい窓になっているそうですね
我が家は古いですから拭くしかなくて

それでも追いつかずゴムパッキンはカビてます

DSC05312_convert_20180118213830.jpg

待たせてばかりでいい加減おやつあげたらいいのに

DSC05316_convert_20180118213943.jpg

ゴルよくできました
おやつたくさんもらってよ




ランキングに参加しております
よろしくお願いします
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます


2017年度ノーベル文学賞受賞者のカズオ・イシグロさん原作の
映画「わたしを離さないで」を見ました
かなりの衝撃作でした

舞台は英国田園地帯に寄宿学校で育つ子供たち
その子供たちは臓器提供者として育てられた子供たちというお話です

その子供たちが次第に成長し
愛しあうようになるが臓器提供をしなくてはいけないという定めを受け入れていく
恐怖や絶望そして苦しみを感じると思います

時代としては1978年から28年間を描いています
未来のお話としては作られてないのがリアルさがあり
引き込まれます

家畜のように育てられオリジナルと呼ばれる人が
臓器を病んだら提供者は拒否することもできず
死ぬまで臓器提供していくのです
提供者には人間としての感情があるのか

純真な愛情だけが救いです


日本ではTBSで綾瀬はるかさん主演でドラマ化されているようです


キャスト&スタッフ

キャシー…キャリー・マリガン
トミー…アンドリュー・ガーフィールド
ルース…キーラ・ナイトレイ
校長先生…シャーロット・ランプリング
監督:マーク・ロマネク
脚本:アレックス・ガーランド
原作:カズオ・イシグロ


興味のある方はご覧になってください
| | comments(18) | |
Comment
ゴルママさんへ

こんばんは

良い映画を見てこられたんですね。
話を聞いているだけでかなりの衝撃作なのが分かります。
正直あまり見たくないような気もします。
純粋な愛情がどういうものかという意味で、一度は見たほうがいいような気もします。


ちなみに今日の夕食はエセ精進料理パート2です  笑
映画は見ていませんが、ドラマは見ました。
救いがなくて、辛すぎる話だと思いました。
でも、ありえそうで怖いです。
ヒデさんへ
こんばんは

純粋な愛情ならぼちょうど奥様に感じていらっしゃる
その愛情がそうだと思います

エセ精進料理を精進料理と言っていいのかどうか
後ほど見させていただきますね
また肉三昧などではないでしょうね? 苦笑
puchi.mikan さんへ
ドラマは見てないのでなんともいえませんが
つらい内容だということは確かです
映画の中では寄宿学校で育つこどもが
お古のおもちゃをもらい喜ぶ姿がとてもつらいです

いずれは耳をラットの背中で成長させて
その耳を移植などするようになるのか
移植は人からではなく細胞から作られるものだったら
賛成ですか?
日本のドラマを見ながら、原作を読みました。 本当に衝撃的で、こういうストリーを考えられることに驚きました。
原作本は私の苦手な翻訳ものだからか、表現がまどろこしいところが多かったですが、作品の力で読み進められました。 その点ドラマは簡潔に分かりやすく作ってあるなあと感心しました。
映画か・・・。
このお話で、3作品観るのは辛いです。

怖い話だなあとも思いましたし、どこかの国で、こんなことが起こっているのかもしれないとも思いました。

カズオ イシグロさんの別の作品も読んでみたいですが・・・しばらくはいいかなあ、って思いました。
ゴルちゃん、お兄ちゃんに遊んでもらって楽しかった?
ここ数日は暖かでよかったですね〜〜

「私を離さないで」
テレビドラマで見ました。
最近再放送していて、見逃したところまでまた見ましたよ
最初は重すぎて…でも結局最後まで見ましたけど
ありえない話じゃないところが怖い(>人<;)

ゴルちゃん、ポカポカで走り回ったら喉が渇くくらいだったでしょ!
ちゃんとおやつもらえるまで待つのはえらいね!
お兄ちゃん、ちゃんと出てきてゴルちゃんと遊んであげて(^.^)

映画見たことないですが、恐ろしい衝撃的な映画のようですね。
ドラマのほうがまだ残酷ではないのかな?
現実にあれば恐ろしいですね。
お兄ちゃん分かるよぉー
寒いと出たくないもんね!
私も寒いと散歩を早く切り上げたくなりますよ!
なんだかやりきれない映画のようですね。コメント読んでても衝撃受けますよー。
気持ちが弱ってる時見たら引きずり込まれそうです。
なるべく元気な時に見たい映画ですね。
でも興味あるなぁ。
こんにちは。

せっかく暖かくなったのにまた寒くなるなんて、体調崩してしまいそうですね。気を付けてくださいね。

息子さん、ゴルちゃんをじらしますねー(-_-;)辛抱強く待てるゴルちゃんは凄いですよ!いっぱい褒めてもらっていっぱいおやつもらわなくちゃね!

映画、見たいです。探してみます。エンディングはどうでしょう?悲しすぎる???
あれっ??下にあるのはおやつのイリコさんでしょ?ゴルちゃんそのものに口はもっていかないのですか(@_@)超お利口さんなのでは?

いやぁ~お話聞いただけで もう見なくていいみたい・・・(-_-;)ってか見れない感じが・・・衝撃的すぎる気が・・・落ち込みそう・・・(-_-;)
momonohehime3 さんへ
かなり悲しい内容ですので映画まで見るのはお辛いですよね

カズオイシグロ特集で映画を見たのでこのほかには
「日の名残り」をアンソニーホプキンス主演で見ました
こちらのほうは忠実な人というより執事として生きた男の人生を描いています
名優がたくさん出演していますよ
しかもそんなに辛い内容ではないですが明るくもないです

カズオイシグロさんの作品を読んでみようと思います
なおさんへ
散歩しやすい気温でした
ゴルもいつもより長い散歩も楽しめて気温とは
散歩を大きく左右するものだとつくづく感じました

「私を離さないで」はテレビドラマでは見てないのですが
綾瀬さんが恋人を奪われる役ですか?
これが今世界の貧しい国では実際臓器売買は本当に行われているのです
津波で両親をなくした子が生き延びるために臓器を売る
これはハイチのお話ですがほんとうに行われているのです
子供だけではなく大人も腎臓を売るなどして
なんとか借金を払うなどされているようなのですから
臓器移植そのものを考えてしまいます
*はなママ*さんへ
気温が10度を下回るとお散歩も辛いですよね
朝の気温が息子をだらだらさせてます

臓器提供者としてそだつ人に感情があるに決まってる
そもそもそれ目的で人を育てるなど倫理がゆるさないですが
実際にはインドやアジアなど貧しい人たちは
臓器を借金のかたに売っている現実があります
臓器提供をされて生き延びるとはその必要性を考えなくては
人の犠牲の上に生きるとはどういうことでしょうね
きょうねぇさんへ
大好きなゴルのためだからこそ毎日散歩や
遊びにもおつきあいさせていただいてはおりますが
が・・・・
今日はおさぼりしたいなぁ~なんて思うほど寒い日ありますよね
目の前でこんなことされちゃうとねぇ

映画は興味そそりますよね
映画のほうはおどろおごろしい部分はなく
若者が提供者として生き
その中でそれを逃れようとしている人が少ないことに驚きでした
えっいやじゃないの?って
たまたま主人公のふたりは延期を望むのですが
拒否を望まないその姿が恐ろしいのですよ
是非見てください
ぷにゅママンさんへ
焦らされることに慣れているゴルですから大丈夫です
そもそも息子はおやつをあげないことが多く
それでもゴルは息子に遊んでほしくてついて回ります
大好きなんですね 笑

映画のエンディング?
言っちゃっていいんですかぁ????
大まかな感想として大きな石が胸にのしかかるほどの感情がわいてきます
こんな不条理なことあっていいのか?と
アメリカでは貧しい人が臓器を売るなどしていませんか?
日本では事件としての報告はないようですが
海を渡ったアジアではよく行われているようです
茶々ママさんへ
お気づきでしたか? 笑
そうなんです
袋に顔を入れるなどしないのがゴルなのです
普通ならあるじゃんとばかりに袋からいただきま~すなのでしょうけど
我が家の躾がなっている唯一のことかも 苦笑

確かに衝撃的ですが小説の世界だけではなく
世界には臓器を売る人や
人身売買の末に臓器をとられる子供もいるようです
とてつもなく辛いのは真実のほうなのです
落ち込みます
この小説 読んないんだけど
少し似た漫画は読んだことがあります
たしか輝夜姫・・

これはもっと具体的に臓器を取り出されて死ぬ みたいなグロい内容でした

そうそう 臓器移植って適合が大切なんだけど
男女の相性と臓器の適合というのは
反比例するそうです

そのペアで妊娠すると
当然適合してないので女性の体は
胎児を排除しようとする・・
それがつわりなんだそうです

でもその拒絶反応に打ち勝って生まれた子は強い子・・
そんな話を昔つわりに苦しんでる私に
産婦人科の先生が教えてくれました

人間は知らず知らずにそんな相手を
チョイスしてるのかもしれませんね
だんごさんへ

同じような内容で漫画が書かれているなら
それもまた興味あるなぁ~

男女の相対と臓器の適合が反比例?
ふう~んそうなんだぁ
でも難しくてちょっと理解できないです~~汗

強い子といえば現代の男の遺伝子に欠陥が増えているとか
ほんとなんですかねぇ
人間も女が性転換して男になるようなら
子孫は残るのですが男の子が生まれなくなったらどーすんですかねぇ
Write comment




(編集・削除用)

« Next  « Home »  Prev »

↑Back to Top

TRACKBACK
SHOPPING
ARCHIVE
COMMENT